キッチンのカビ対策

カビ撃退ネット

カビ対策をしてキッチンを清潔に保ちましょう

キッチンは、水を扱う場所なので、家の中でも特にカビが繁殖しやすい場所です。
シンクや三角コーナー、まな板など、少し油断するとすぐにカビが生えてしまいます。
そのため、日頃からしっかりカビ対策を行うことが大切になります。
具体的な方法としては、キッチンで作業をする時は、常に換気扇を回しておくということが挙げられます。
ほとんどの人は、調理中に換気扇はつけても、水仕事の時は換気扇をつけていないことが多いようです。
洗い物などで出る水蒸気や水の飛び散りを早く乾燥させるためにも、常に換気扇をつけておくことが大切です。
また、キッチンを使い終わった後は、しっかりと水けを拭き取り、アルコールをスプレーしておくとカビの繁殖を防ぐことができます。
シンクの下の収納スペースなども、湿気が溜まりやすい場所なので、除湿剤をおくなどして、湿気がこもらないように気を付けておきましょう。
食品を扱う場所なので、常に清潔に保っておきたいものです。

気になるキッチンのカビ対策

ジメジメした季節、いろいろなところのカビ、気になりますね。
家の中で、特にカビが発生しやすい場所「浴室」と「キッチン」ですが、その中でもキッチンのカビ対策、みなさんはどうされているでしょうか。
カビの発生の3大要因は、「湿度」・「温度」・「栄養源」です。
それに対し、予防の3原則は、「乾燥させる」・「低温にする」・「栄養を絶つ」ということになります。
最も基本的な方法は「換気」です。
換気をすることは空気の流れをつくり、とどまっている空気の湿度を下げることに繋がります。
流し台の下など、空気が流れない場所などは時々扉を開けて、扇風機などで空気の流れをつくってあげるのもよいでしょう。
キッチンは特に水の使用が多い所です。
水で濡れた状態のままにせず、水廻りの水分をこまめに拭き取るのもカビの発生に効果的です。
また、食べ物やゴミはカビの栄養分となりますので、生ゴミは放置せず都度片付け、汚れはすぐに落とすように心掛けましょう。

recommend

最終更新日:2015/11/26

COPYRIGHT(C)カビ撃退ネットALL RIGHT RESERVED