お風呂のカビ対策

カビ撃退ネット

お風呂のカビ対策どうしてる?

湿気が多い水周りの中で皆さんはお風呂のカビ対策はどうしていますか?強力な洗剤を使えばカビは落ちますが小さいお子様がいる家庭や肌が弱い人は、あまり強い洗剤は使うのに迷ってしまいますよね?水滴をきれいに拭けばカビの発生は抑えられますが、お風呂は毎日入りますから毎回水滴を拭き取るのはとても重労働です。
そこでオススメなのは、お風呂を出る時に壁などを冷たい水で濡らして、室内の温度を下げてから浴室乾燥をかけておく事です。
カビ対策には高温多湿状態のままではなく、壁を冷やし乾燥させる事が大事です。
それから、最近では浴槽を掃除する洗剤でも除菌効果のある商品が出ていますので、いつも使っている洗剤を変えてみるのもいいでしょう。
椅子やシャンプー台もカビが発生しやすいので、週末など集中して掃除できる時にはカビがないか確認しながら掃除しましょう。
乾燥を味方にカビをやっつけて健康的な毎日を過ごせるように頑張りましょう。

簡単にできるお風呂のカビ対策

毎日使うお風呂ですが、気がつくとカビが繁殖しているということはよくあります。
水回りを清潔に保つには、いくつかのコツがあります。
まずは水気を取っておくということです。
カビ対策で大切なのは、水気を残したままにしないこと、乾燥させることです。
一日のお風呂の使用が終わったら、使用済みのバスタオルでも構わないので、壁や床、浴槽の水気をさっとふき取っておきます。
こうすることでバスルーム自体の湿気をかなり下げることが出来ます。
また、なるべくバスルームには物を置かないようにするとよいです。
物に水気がついているとそこからカビが発生してしまうので、片付けられるものはバスルームから引き上げておくのがオススメです。
また、排水溝はカビの温床になってしまうので、一日の使用が終わったらさっと掃除をして乾かしておくと汚れもカビも溜まらずに清潔な状態が保てます。
大体5分もあれば終わる簡単な掃除なので、毎日行うことで手軽に効果的なカビ対策ができます。

COPYRIGHT(C)カビ撃退ネットALL RIGHT RESERVED